安達 健 陶器展


 

2018.5.14 mon - 5.27 sun 会期中無休
11am - 5pm 作家在廊 14,25,26,27

 

 

 

 

 

土から器へ。

上流から下流へ下る土。

その土を砕き、触れる手の感覚を頼りに土の性質を探り、それぞれに適した形、釉、焼を決めていく。

上流の灰〆、中流の灰釉、下流の長石釉。

一方で料理を想う。

土と釉の特製や焼成温度による熱の伝導性や香りの立ち具合、盛られる料理の姿をも考慮に入れ、

その土の向かうべく必然的な形(器)へと導く。

 

展示期間中、温石では、安達健さんの器をお持ち帰り頂ける企画コースとなります。

 

お昼 7千円 お食事+器のお土産付き(3千5百円相当)

夜 1万円 お食事+器のお土産付き

 

 

1805